院長ブログdoctor blog

入れ歯のメンテナンスは必要?

2017年5月9日 (火)

彦根市稲枝にある歯医者のたかとり歯科医院です。

 

入れ歯を付けている方はお分かりになると思いますが、プラスチックやセラミックなどでできている入れ歯は、一見汚れていないように見えます。しかし、実は見えない細菌や食べカスがたくさん付着しているのです。

 

ですので、入れ歯のメンテナンスを怠ると、様々な悪影響を与えることになります。その影響は、口内だけでなく体全体にも及びます。

メンテナンスの方法には、「自分でできるもの」と「歯医者でするべきもの」があります。

 

 

・自分でできるメンテナンス

1日1回、専用の歯ブラシで入れ歯を掃除しましょう。入れ歯には毎日、食べカスや歯垢が付着することになります。放置したまま使い続けると、他の歯や歯茎にも細菌が移り、歯周病や口臭、着色汚れなどの原因となります。

ブラッシングとともに、入れ歯洗浄剤も活用してください。目に見えない歯垢や汚れを除去してくれます。

 

・歯医者でするべきメンテナンス

食べカスや歯垢の除去は自分でできますが、歯石は、なかなか自分で取り除くことはできません。歯石は歯垢が固まってしまったもので、簡単には取れないのです。これは、入れ歯だけでなく、健康な歯についても同じことが言えます。

また、入れ歯と装着部分に無駄な隙間やズレができないように、歯医者で調整することも、大切なメンテナンスの1つです。

 

 

いかがでしたか?

このように、入れ歯のメンテナンスは、入れ歯そのものを守ること以外にも必要性があるのです。

 

以上、彦根市稲枝にある歯医者、たかとり歯科から「入れ歯メンテナンスの必要性」についてご紹介しました。

カテゴリー: 入れ歯

詳しくはこちら

クリニック情報

clinic info

医療法人
たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

診療時間

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談