院長ブログdoctor blog

入れ歯によって、噛み合わせが変わってくることがありますか?

2017年6月24日 (土)

彦根市稲枝にある歯医者のたかとり歯科医院です。

入れ歯を長く使っている方から頻繁に寄せられる質問に入れ歯と歯並びの関係があります。

入れ歯を使っていたら歯並びが変わってきた、入れ歯を使っていると歯並びに違和感を感じるようになったという方は実は少なくなく、多くの方がこのような入れ歯と歯並びに関する悩みを経験しています。

入れ歯と歯並びについての関係について一度解説をしたいと思います。

 

歯並びというのは実は長期間にわたって少しずつ弱い力を加えることで変化させることができます。

歯科矯正などはこのような歯に加わる弱い力を利用して歯を動かしていて、ワイヤーとバネの力や矯正に用いるゴムの力によって歯並びを美しく保っています。

このような歯に加わる弱い力は矯正だけではなく入れ歯でも引き起こされることがあるのです。

このような入れ歯による歯の移動は新しい入れ歯を作って使い始めたり、入れ歯の手直しを行って入れ歯の形が変わった時に起こるものです。

このような入れ歯による歯の移動を多くの患者さんが歯並びが変わった、歯が動いたと感じとり、歯並びが大きく変わったように思われるのです。

 

実際にはこの歯並びの移動はごくわずかで、入れ歯の変形や入れ歯と顎の位置関係などによって決まっていて、ある程度使い慣れた時には歯並び・入れ歯の形などが互いに影響しあって場所の変化が起こっているのです。

彦根市にお住いで入れ歯に興味がある方は是非一度歯医者にご相談ください。入れ歯に関する不安を無くして安心できるような治療を受けましょう。

カテゴリー: 入れ歯

詳しくはこちら

クリニック情報

clinic info

医療法人
たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

診療時間

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談