院長ブログdoctor blog

金属床の入れ歯とは?

2017年7月3日 (月)

彦根市稲枝にある歯医者のたかとり歯科医院です。

入れ歯を利用されている方が頻繁に経験されるのがどのような材料の入れ歯を使うのかという悩みです。

入れ歯は様々な材料でできていて、特に金属による入れ歯とプラスチックによる入れ歯の差は非常に大きいものです。

入れ歯の差についての知識を身につけ、入れ歯を選ぶ時の参考にしてみましょう。

 

まず、入れ歯の材料で幅広く用いられているプラスチック、これには安価で修理が容易というメリットがありますが、残念ながら最近が繁殖しやすく匂いがついてしまうというデメリットがあります。

しかし、安価に利用できるというのは大きな魅力で保険適応の入れ歯で幅広く用いられています。

 

一方金属でできた入れ歯には細菌が繁殖するといったデメリットが解消されています。

金属は非常に優れた材料で、温度を伝えてくれるというメリットもありますし、何よりも丈夫で長い間使い続けることができるという嬉しいメリットがあります。

金属床義歯に用いる材料はチタンなどの材料を使ったもので、金属アレルギーも起こりにくい性質があります。

温かいものを暖かく感じ、冷たいものを冷たく感じることができる金属でできた入れ歯は非常に魅力ある選択肢です。

金属の入れ歯は保険適応ではないので治療にある程度の費用がかかります。

しかし、入れ歯は毎日必ず利用するものなので多少費用がかかっても質のいいものを利用するだけの意味があります。

彦根市稲枝にお住いで入れ歯の治療に興味がある方は是非一度ご相談ください。

カテゴリー: 入れ歯

詳しくはこちら

クリニック情報

clinic info

医療法人
たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

診療時間

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談