院長ブログdoctor blog

抜歯治療は入れ歯以外の選択肢はある?

2017年5月1日 (月)

彦根市稲枝にある歯医者のたかとり歯科医院です。

 

虫歯や歯周病などで、歯医者での抜歯治療をしなければならなくなった人が、その部分を補う方法の1つが「入れ歯」です。入れ歯は、抜歯治療としての歴史も古いため、多くの人が認知している治療法ではないでしょうか?

 

しかし、この入れ歯以外にも、歯医者で行われる抜歯治療がいくつかあるのです。それは、「ブリッジ」と「インプラント」と呼ばれるものです。

これらの抜歯治療について、メリット・デメリットを交えて説明します。

 

 

・ブリッジ

抜けた歯の両サイドにある歯を削り、そこに橋(ブリッジ)をかけるように被せものをすることで、間を埋める方法です。入れ歯と異なり、健康な歯を削らなければならないことは、人によってはデメリットとなるでしょう。しかし、比較的早く治療が済ませられること、保険の適用も可能なことはメリットとなります。

 

・インプラント

抜歯が歯の根元から行われた場合、人口の歯根を骨に埋め込んで、その上から被せものをするのがインプラントです。ブリッジのように歯を削ることがないことや、安定するので入れ歯のような不安定感が少ないことなどが、選ばれる主な理由です。

ただし、通常保険適用範囲外であるため、入れ歯やブリッジに比べると費用がかかります。また、手術や失敗後のリスクの大きさなどから、精神的なストレスを感じる人もいるかもしれません。

 

 

入れ歯、ブリッジ、インプラント。それぞれにメリットとデメリットがあることはお分かりいただけたかと思います。歯や歯茎の状態によってどの方法が最善かは異なることも、知っておいてください。

 

以上、彦根市稲枝にある歯医者、たかとり歯科から「入れ歯以外の抜歯治療」についてご紹介しました。

カテゴリー: 入れ歯

詳しくはこちら

クリニック情報

clinic info

医療法人
たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

診療時間

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談