欠損治療defect

ご自身の歯を失ってしまったら

ご自身の歯を失ってしまったら イメージ画像 むし歯や歯周病による抜歯や、転倒してしまった際などにご自身の歯を失ってしまった場合は、代わりとな人工の歯で欠損部を補う治療を行う必要があります。

欠損してしまった歯の部位や本数によって行う治療は異なりますが、主に「インプラント治療」「ブリッジ治療」「義歯(入れ歯)治療」のいずれかで対応します。それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

失った歯を補う3つの主な方法

インプラント治療

インプラント治療 イメージ画像 インプラント治療とは、歯を失った部分に人工の歯を埋め込む治療のことです。顎の骨に人工歯根を入れ、そこから人工の歯を生やします。もともと「インプラント」という言葉には「埋める」という意味があり、医療の現場では歯科だけでなく、整形外科の分野でも多く行われています。※当院ではインプラント治療を実施していないため、他院をご紹介させて頂きます。

ブリッジ治療

ブリッジ治療 イメージ画像 ブリッジ治療とは、失った歯の両隣にある健康な歯を支台として、歯のない部分に人工の歯を橋がけする治療です。失った歯の数が1〜2本と少ない場合に行う治療方法です。 ブリッジ治療は健康な歯を削らなければならず、それらの歯の寿命を短くしてしまう恐れがあります。

義歯治療

義歯治療 イメージ画像 義歯治療は「入れ歯」のことで、歯肉の上から歯をかぶせる治療方法です。義歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があり、多くの歯が失われている場合でも治療可能です。 義歯は異物感が強く食事が今まで通りにできなかったり、痛みが生じてしまう恐れがあります。

詳しくはこちら

クリニック情報

clinic info

医療法人
たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

【TIME】平日09:00-12:00/14:00-18:00土曜09:00-16:00【休診日】水、日、祝

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談