審美歯科

インプラント治療で美味しい食事と美しい歯を

インプラント治療で美味しい食事と美しい歯を イメージ画像 抜歯や外傷などで歯を失ってしまった場合、代わりとなる歯を入れる治療が必要です。インプラント治療は顎の骨に人工歯根を入れ、そこに人工の歯を埋め込む治療です。

自由診療のため治療費は他の治療よりかかってしまいますが、近年では今まで通りの食事を楽しむことができ、審美性の高いインプラント治療を選択する患者さんも増えてきています。 このページではお手入れも簡単で、違和感の少ないインプラント治療についてご紹介いたします。

インプラント治療について

人工の歯を埋め込む治療

人工の歯を埋め込む治療 イメージ画像 インプラント治療とは、歯を失った部分に人工の歯を埋め込む治療のことです。顎の骨に人工歯根を入れ、そこから人工の歯を生やします。もともと「インプラント」という言葉には「埋める」という意味があり、医療の現場では歯科だけでなく、整形外科の分野でも多く行われています。

こんな方におすすめです!

  • 残された歯を健康に保ちたい
  • 食べ物を今まで通り美味しく食べたい
  • 審美的に影響しないようにしたい
  • 面倒な手入れを防ぎたい

従来の治療方法との比較

従来の治療方法との比較 イメージ画像 失った歯を補う手段には、インプラント治療以外にも「ブリッジ治療」や「義歯治療(入れ歯)」があります。ここでは、それぞれの治療方法についてもご紹介します。

ブリッジ治療

ブリッジ治療 イメージ画像 ブリッジ治療とは、失った歯の両隣にある健康な歯を支台として、歯のない部分に人工の歯を橋がけする治療です。失った歯の数が1〜2本と少ない場合に行う治療方法です。 ブリッジ治療は健康な歯を削らなければならず、それらの歯の寿命を短くしてしまう恐れがあります。

義歯治療

義歯治療 イメージ画像 義歯治療は「入れ歯」のことで、歯肉の上から歯をかぶせる治療方法です。義歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があり、多くの歯が失われている場合でも治療可能です。 義歯は異物感が強く食事が今まで通りにできなかったり、痛みが生じてしまう恐れがあります。

インプラント治療のメリット

その他の治療方法より、残った歯に負担がかからない

その他の治療方法より、残った歯に負担がかからない イメージ画像 インプラント治療は人工の歯を歯肉に埋め込む治療のため、1本1本が独立した構造で、残った歯に負担がかかりません。そのため、残った歯を健康に保つことができます。また、1本から全歯欠損まで幅広い患者さんに適応しています。

食べ物を今まで通りに味わえる

食べ物を今まで通りに味わえる イメージ画像 インプラント治療は、歯肉から歯を生やすことができるので、噛み心地や舌触りも天然の歯と大きな差がありません。硬いものや粘着性のあるものでも、今まで通り食べることができます。

治療跡が目立たず自然

治療跡が目立たず自然 イメージ画像 インプラント治療では、入れ歯や詰め物のように金属が外に見えることはありません。そのため大きな口を開けても、治療跡が目立たないことが特徴です。

日頃のケアは歯ブラシだけ

日頃のケアは歯ブラシだけ イメージ画像 インプラントは、取り外して手入れをする必要はなく、日頃のケアは天然の歯と同じように歯磨きをするだけです。

インプラント治療のデメリット

持病によって治療不能な場合も

持病によって治療不能な場合も イメージ画像 インプラント治療は手術が必要なので、持病のある場合、治療が行えないこともあります。たとえば、重度の糖尿病や全身疾患がある場合、医師との相談が必要です。

治療が長期間に渡る

治療が長期間に渡る イメージ画像 インプラント治療では、インプラントと顎の骨が結合するまでにおよそ3か月~半年と長い時間がかかります。そのため、その他の治療と比べると治療完了までの期間がやや長いという特徴があります。

保険適用ではない

保険適用ではない イメージ画像 インプラント治療は保険適用ではなく、自由診療扱いの治療方法です。そのため、保険適用の治療と比較すると治療費が高くなってしまいます。

詳しくはこちら

クリニック情報

たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

診療時間

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談