院長ブログdoctor blog

歯周炎と歯周病の違いは?

2017年4月13日 (木)

彦根市稲枝にある歯医者のたかとり歯科医院です。

 

「『歯に関わる病気は怖い!』と歯医者から言われたけど、イマイチわからない…」という人は多いのではないでしょうか?確かに、歯周病・歯肉炎・歯周炎など、呼び名がたくさんあるので、違いがわかりにくい部分もあります。

 

しかし、一度理解してしまえば、それほど複雑な違いはありません。

それぞれ説明していきたいと思います

 

まず、歯周病についてです。実は、歯周病は1つの病気のことを指したものではありません。歯周病とは、「歯の周辺におこる病気の総称」のことを言います。つまり、先ほど挙げた、歯肉炎と歯周炎も、それぞれ歯周病の1つということです。

 

では、この2つの違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

・歯肉炎

歯周病のうち、比較的初めの段階です。自覚できるような痛みやしみはほとんどありませんが、歯磨きのときに出血したり、歯茎の色が変わる・腫れる、などの症状が起こります。「成人の8割は歯周病」と言われていますが、もっとも多いのが、この歯肉炎です。

 

・歯周炎

歯肉炎が進行した段階が、歯周炎です。歯茎からの出血・腫れに加えて、歯茎の根元(歯槽骨)まで歯垢や細菌が及ぶことになります。歯槽骨が破壊されると、膿が出て口臭がきつくなったり、痛みを強く感じたりするようになります。

 

 

歯周病を放置すると、歯がグラつき、最終的には歯が抜けてしまいます。そして二度と元には戻りません。手遅れになる前に、ホームケアでの予防や歯医者での治療を、積極的に行っていくことが大切です。

 

 

以上、彦根市稲枝にある歯医者、たかとり歯科から「歯周病と歯肉炎・歯周炎の違い」についてご紹介しました。

カテゴリー: 歯周病

詳しくはこちら

クリニック情報

clinic info

医療法人
たかとり歯科医院

〒521-1124  滋賀県彦根市野良田町436-1
TEL 0749-43-6073

診療時間

※土曜日の診療時間は9:00から16:00です。
  また、土曜日は休憩なしで診療いたします。
【休診日】 水曜日、日曜日、祝日

無料歯科相談